脱毛サロンへ通うために用意しておきたい最適な服装とは

脱毛サロンに行く際の服装
脱毛サロンへ通う場合、どんな服装をしていくのが理想的なのでしょうか?

実はこれは全てのサロンに言えることなのですが、当日の服装に決まりはありません。
腕はそのまま施術することができますし、すねも同じくそのまま施術できます。

スカートだとより楽です。

ショートパンツやミニスカートなら足の脱毛は簡単でしょう。
それ以外の場所、デリケートゾーンなどになると、どんな格好で行けばいいのか?と思いますが、普通にガウンなどを貸してくれますから、それを着ればいいだけです。
デリケートゾーンであれば紙パンツに履き替えるだけなのでとても単純です。

ただ、もっと工夫をするのなら、脱ぎ着しやすい服装を選ぶと良いですね。
肌をあまり露出しない格好のほうがベターです。
特に夏場、腕や足、ワキなどを脱毛した場合、多少暑くても長袖のほうが良いです。
それはなぜかと言うとUVカットのためです。

脱毛後の日焼けはNGなので、どうしても肌を守るファッションになってしまいます。
ですから脱毛サロンに通う場合、ファッションを重視するのではなく機能性を重視したほうが良いのかもしれません。

また脱毛サロンに通う場合、ムダ毛を1~2㎜伸ばしていかなければならないということもありますから、
それだけ伸びているとなんとなくブツブツムダ毛が出てきて気になる、という女性も多いです。

ですからパンツルックなどがよいでしょう。

足も保護してくれますし、あとは上半身だけなんとかUVカットすればOKです。
日傘などを持っていく、長袖グローブをつけるなどして、夏場の脱毛はしのぎましょう。

さらに制汗スプレーなどは施術当日は使うのはやめておきましょう。
症例が何かあったというわけではありませんが、お肌に対して何らかの刺激が加わるということもありますから、
それを先にシャットダウンしておく必要があります。

香水も、香り漂う液体と思ってはいますが、希釈に使われているアルコールなども気になりますし、
やはり普段使いのメイク道具なども脱毛当日は気を付けたほうがよいでしょう。
翌日になればそれも解禁状態になりますから、メイクは普通にしても大丈夫です。

そうなると最も快適に脱毛サロンに通えるのは冬場になります。

しかも冬場に開始すると夏頃には毛が薄くなっていますから、ちょうどタイミング的にも良いのです。
脱毛開始のタイミングは残暑から秋にかけて、夏場に向かって行うのがベストでしょう。

服装も冬なら当然長袖ですし、ジーンズをはいている、
もしくはタイツになりますから、UVケアの心配を必要としません。